BeagleBone BlackにRuby開発環境をセットアップ (on Ubuntu)

BeagleBone BlackへのUbuntuのインストールができたので、次はRubyの開発環境をセットアップすることにしました。

ボードへのUbuntu 14.04のインストール手順はこちら。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

セットアップ手順

rbenvのインストール

今回はRubyを単体でインストールするのではなく、複数のバージョンのRubyを切り換えて使用できるようrbenvを使ってインストールすることにします。

まずapt-getを更新。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

rbenvの導入に必要なパッケージをインストール。(build-essentials, libssl-dev)

$ sudo apt-get install build-essential libssl-dev

そしてrbenvのインストール。rbenvはパッケージとして提供されていないのでgithubからインストールディレクトリにcloneして導入します。ここでは~/.rbenv以下にインストールすることにします。

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

rbenvを実行するための設定を.bashrcに追加。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc

これでrbenvの導入は完了。

Rubyのインストール

rbenvの動作確認も兼ねて、インストール可能なRubyのバージョン一覧を確認。

$ rbenv install --list
Available versions:
  1.8.6-p383
  1.8.6-p420
    :
  1.9.3-p551
    :
  2.1.6
    :
  2.2.2
    :

ここでは2.1系の最新版の2.1.6と、念のため1.9.3を入れておくことにします。

~$ rbenv install 1.9.3-p551
~$ rbenv install 2.1.6

インストールにはしばらくかかるので気長に待ちましょう。完了したらインストール内容を反映させるためにrehashを実行。

~$ rbenv rehash

2.1.6をデフォルトで使用するバージョンに設定しておきます。

$ rbenv global 2.1.6
$ rbenv global
2.1.6    # 2.1.6が設定された
$ rbenv rehash    # 反映させるため再度rehash

ちなみに、プロジェクトで使用するバージョンを指定する場合はlocal

$ rbenv local <バージョン番号>

シェル上のコマンドラインで一時的にバージョンを変更したい場合はshell

$ rbenv shell <バージョン番号>

となります。

これでRubyのインストールも完了。rubyを実行してバージョンを確認します。

$ ruby --version
ruby 2.1.6p336 (2015-04-13 revision 50298) [armv7l-linux-eabihf] # OK

rbenv-rehashのインストール

デフォルトの状態だと、今後gemを追加・削除したりrbenvに変更を加えるたびにrehashを行う必要があります。rbenv-rehashというgemを入れておくとrehashを自動で行ってくれるので、これを入れておきます。

$ gem install rbenv-rehash

これで、これ以降手動でrehashを行う必要はなくなります。

bundlerのインストール

ついでにbundlerもインストールしておきます。

$ gem install bundler

bundlerは、プロジェクト毎に使用するgemとそのバージョンを管理できるツールです。bundler詳しい使い方は以下のサイトが参考になります。

【Ruby】bundlerの使い方 (Gem管理)


今回はここまで。RailsやらSinatraを入れてアプリを書く環境も作りたいですがそれはまた後日。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!