BeagleBone Black に Mac からシリアル接続する

先日、以前から調子の悪かったルーターを新調しました。それとほぼ同時にボーナスが出たこともあってパソコンをWindowsからMacへ買い替えました。人生初マック。

結果何が起きたか。

BeagleBone Blackは、WiFi を固定 IP、Ether を DHCP に設定していたのですが、ルーターが変わったので WiFi がつながらなくなりました。Ether を挿してとりあえず LAN にはつながったのですが、DHCP なので IP アドレスが分からない。

今までなら USBシリアル変換ケーブルで PC とつないで、TeraTerm から設定を確認すれば終わりなのですが、ここで気づいたことが。

「Mac でシリアルコンソール接続ってどうやるんだ??」

なにぶん初めての Mac。まだそんなこともわかりません。ということで調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

意外なほど簡単でした

USBシリアルケーブルのドライバ

Windows では USB を挿せば勝手にドライバをインストールしてくれることも多々ありますが、Mac では自分でインストールしなければいけない模様。

スイッチサイエンスさんのサイトで、FTDI 社製の USBシリアル変換ケーブルで使える VCP ドライバの説明がありました。これを使えば良さそうです。

ちなみにぼくの iMac 環境では、ドライバを入れずにケーブルをさしたらいきなり認識してくれました。環境によってはドライバのインストールは不要なのかもしれません。

Mac からのアクセス

Mac では標準のターミナル.app からシリアルデバイスを指定して接続します。シリアルデバイスを探すため、ターミナルから

$ ls /dev/tty.*

と打ってみます。ぼくの環境では2つの Bluetooth デバイスの他、/dev/tty.usbserial-FTGCUG8I というそのままの名前のやつがいました。これで間違いないでしょう。

デバイス名が分かったら、ターミナルから
$ screen <デバイス名> <ボーレート>
でつながります。今回のケースでは

$ screen /dev/tty.usbserial-FTGCUG8I 115200

でOKです。無事 BeagleBone Black のコンソールが表示されました。


Ubuntu 12.04.5 LTS bbb ttyO0

bbb login:

ちなみに screen を終了するには、screen の画面上で Ctl + a を押してから k、です。
すると画面下に Really kill this window [y/n] と表示されるので、y を押せばもとのターミナルの状態に戻ります。

これを忘れると焦るのでご注意を。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!