GARMIN ForeAthlete用198円格安ガラスフィルムの衝撃

最近ランニングを始めた友人がGARMINのForeAthlete 235を購入したのですが、一緒に購入した画面保護用のガラスフィルムのことを教えてくれました。

最近ではランニング用のGPSウォッチもすっかり市民権を得て、スマホ同様に画面保護シートなどが発売されていますが、ぼくは正直「スマホと違ってタッチパネルでもないし、落として壊すリスクもほとんどないから、保護シートなんていらないでしょ」と思ってました。

しかし彼からその価格を聞いてびっくり。何と198円(記事執筆時点)というではないですか。

198円なら試しに買ってみるのも悪くないなと思い、早速Amazonで購入して、愛機forerunner 235に装着してみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レビュー

購入したのはこちら。
QNQというブランドのGarmin ForeAthlete用ガラスフィルムです。

パッケージ裏の商品説明によると、

次世代強化ガラスは最先端の科学技術によって薄さと頑丈さを実現した強化ガラスです。
2.5Dラウンドエッジ加工で縁にかかる衝撃を吸収。
シリコン自己吸着機能により貼りやすく気泡も入りません。
またスムースタッチ加工によってタッチの質感も抜群です。

とのこと。とても198円とは思えないほどの最先端技術を搭載した商品の様です(笑)

Amazonの商品説明によると対応モデルは ForeAthlete 220, 225, 230, 235。
一世代前の 220, 225 も対応の様です。ただし 635 は入っていません。タッチパネルには非対応ということでしょうか。

それでは箱を開けます。

ここでまずびっくり。何と画面拭き取り用のクロスが入っています。198円ですよ、これ?

右側の白いケースにの中にはフィルム本体の他、取り扱い説明書とホコリ除去用のシールも入っていまいた。

クロスを袋から出すと、袋の中には乾燥剤(らしき物)が。これにも驚きです。

取扱説明書はスマホ用保護シートの内容になっていましたがこれはご愛嬌。
おそらく入れ間違いではなく、ForeAthlete用のものは用意していないのでしょう。

それではいよいよ装着です。

袋からフィルム本体を取り出します。

スマホにフィルムを取り付けたことがある人なら特に迷うことはありませんね。

この青いシールを摘んで持ち上げると、フィルム本体から剥離シートが剥がれます。
その面を下に向けて時計の画面に貼り付けるだけです。

ちなみに、シールに「STEP 1」と書かれていますが、STEP 2 以降の説明は特にありません(笑)

時計に取り付けた状態です。

画面面積が小さいのでスマホの様に中に気泡が入ることはほとんどなく、位置だけ合わせてポンと置けばピタッと貼り付きます。

厚みは一般的なガラスフィルムと同程度で、適度な厚みがある分守られている安心感があります。

縁はラウンドエッジになっていて丸みがあり、光が反射するとラウンドエッジ特有の美しい反射をします。ちょっと高級感が増した感じです。

重量もとても軽いです。重さが増えて走りに影響を与える心配はまったくありません。

まとめ

いや、驚きました。

フィルム本体の品質はまったく問題なく、クロスやダストリムーバーまでついている充実ぶり。
198円でなぜここの内容の商品が売れるのか不思議でしょうがありません。

というか、この価格は送料込みなのですが、送料だけで売価を超えてしまうんじゃないかという気が…
配送はAmazon Prime対象ではないので当日・翌日配送ではないですが、ぼくが買ったときは2日後に届きました。

高い金額を払ってまでForeAthleteに保護フィルムを貼る必要はないと思っている人も、試してみて損はないんじゃないかと思います。

安くてよいフィルムを探しているひとにももちろんおすすめです!

Amazonでチェック

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!