アスリート向け真のハイエンドモデル Garmin ForeAthlete 935の仕様を徹底チェック!

foreathlete_935_logohttp://www.garmin.co.jp/minisite/foreathlete/

ガーミンから、ランナー&アスリート向けウォッチGarmin ForeAthlete 935が発表になりました。

同時にvivosmartなどいくつかのモデルの新製品も発表になっていますが、生粋のガーミンランナーとしてはやっぱりこのForeAthlete 935が一番気になります。

と言うわけで今回はニューモデル ForeAthlete 935の仕様を細かくレビューしていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

参考サイト

PV

ガーミン公式PV。

こちらは海外版 Forerunner 935の動画。
本体操作の仕様がよくわかります。

公式サイト

DC Rainmaker(海外レビューサイト)

DC RainmakerさんのForerunner 935 In-Depth Review。
英語が苦手でないなら、一通り読むと935の全てが分かってしまうかも!?

Forerunner 935の機能をレビュー

外観

昨年発売されたモデル群(230, 235, 630, 735)は、機能の差はあるもののデザイン的には共通で兄弟モデルという感じでしたが、935は久しぶりにデザインを一新したフルモデルチェンジになっています。

カラバリは2種類。

ブラック

935_gaikan_black_1

935_gaikan_black_2

イエロー

935_gaikan_yellow_1

935_gaikan_yellow_2

http://www.garmin.co.jp/products/intosports/foreathlete-935-black/ より

材質にも変更が入っている様です。

  • レンズ素材:ガラス
  • ベゼル素材:繊維強化ポリマー
  • ケース素材:繊維強化ポリマー
  • ストラップ素材:シリコン

これまでのモデルはレンズ部分は恐らくプラスチックだったと思いますがこれがガラスに変更。衝撃に強くなっているはず。

ベゼルとケースに使用されている「繊維強化ポリマー」というのがどういうものか詳しくは分かりませんが、写真を見る限りこれまでのものとは違うマットな質感で、高級感が増しているように見えます。

写真では一部のボタンに金属部品が使われている様です。こちらも見た目が美しいですね。

ストラップ素材はシリコンということなので、従来と大きな変更はないかと思います。
ぼくは235のサラッとして柔らかい触感のベルトがすごく気に入っているのでここは是非引き継いで欲しいところ。

主要スペック

主要なハードウェアスペックを従来機種と比較してみます。

ForeAthlete 935 ForeAthlete 235J ForeAthlete 630J ForeAthlete 735XTJ ForeAthlete 920XTJ
重量 49g 42g 44g 40.2g  62g
サイズ  47 x 47 x 13.9mm  45 45 11.7mm  45 x 45 x 11.7 mm 44.5 x 44.5 x 11.9 mm  48 x 55 x 127 mm
画面解像度  240 x 240 ピクセル  215 x 180 ピクセル  215 x 180ピクセル 215 x 180ピクセル  205 x 148 ピクセル
防水等級  5 ATM  50m  5 ATM 50m  50m
タッチスクリーン  −  −  −  −
光学心拍計  −  −
加速度センサー  
電子コンパス/気圧高度計  −  −  −
WiFi  −  −
重量

重量は49gと現行エントリーモデル 235, 735 などと比べると少し重めですが、900番台の前機種920の62gからは大幅な軽量化になっています。

本体サイズ

エントリーモデルから縦・横・厚みともに2mm増。腕に着けた感じはそれほど気にならない程度じゃないでしょうかね。

画面

画面解像度は現行機種よりもアップしてより細かい表示ができます。

そして935では縦の解像度が横の解像度と同じ値になっているという点に注目です。

どういうことかというと、235Jでは丸い画面の上下が切れている(この部分は液晶画面ではない)のに対して、935は全て液晶表示部分なんです。

ForeAthlete 235J
235_screencompare_2

ForeAthlete 935
935_screencompare_2

細かいところですが、高解像度化とのあわせ技で表示できる情報量がかなりアップするはずです。

その他

もはや標準機能と言っていい光学心拍計はもちろん搭載。

トレイルランに必須な電子コンパス、高度気圧計を載せているのも900シリーズならではです。

地味に WiFi 対応なのもポイントです。

バッテリーライフ

935_battery_life

超長時間のレースに耐えられるロングバッテリーライフ。
通常のGPSモードで21時間、UltraTrackバッテリーセーバーモードでは最大44時間使用可能なので、アイアンマンレースやウルトラマラソン、アドベンチャーレースなどあらゆるレースでバッテリーの心配をする必要はなさそうです。

こちらも他機種と比較。

ForeAthlete 935 ForeAthlete 235J ForeAthlete 620J ForeAthlete 735XTJ ForeAthlete 920XHJ
時計&ライフログモード 2週間 9日間 4週間 11日間 4ヶ月(時計のみ)
GPS/HRモード 21時間 11時間 16時間 14時間 22時間
UltraTrac™モード 44時間(心拍計なし) 24時間(心拍計なし) 38時間

モデルごとに仕様が違うので単純に数字だけで比較ができないですが、GPSモード時の時間は236, 620, 735と比べて圧倒的に長いです。

前機種の920XHJと比べてGPSモードの時間が劣りますが、これはおそらく920が心拍計を搭載していないためですね。

いずれにしてもGPSモードで21時間持てばほとんどの用途で十分じゃないですかね。

マルチスポーツ対応

ForeAthlete 935 はランだけでなくの複数のスポーツに使用できるマルチスポーツ対応。

  • ラン
  • バイク
  • スイム(プール/オープンウオーター)
  • トライアスロン
  • クロスカントリースキー
  • パドルスポーツ
  • トレイルランニング
  • ハイキング
  • 筋肉トレーニング

等のスポーツのアクティビティプロファイルを搭載していて、あらゆるスポーツを行うアスリートのトレーニングに使用することができます。

この記事の上の方にある “Getting Started” という動画の 2:20 辺りを見ると、メニューから様々なスポーツのプロファイルを選択できるようになっているのが分かります。

別売りのHRM-Tri™またはHRM-Swim™を使用すればスイム中の心拍数を取ることも可能とのことです。(内蔵の光学心拍計は水中では使用できない様ですね)

QuickFitベルト

quickfit_belt
工具不要でワンタッチ簡単に脱着ができるQuickFitベルトを採用しています。

QuickFitはfenixシリーズなどでも採用されているので、これらのモデルとベルトを共通で使用できるということになります。

ワンタッチでベルトが換えられれば、普段使いとランニングでベルトを使い分けるということも気軽にできそう。

サードパーティからもQuickFit対応のベルトが多数発売されて選択の幅が広がるとかなり楽しめますね。

トレーニングステータス

training_status

トレーニングステータスは、過去のトレーニング履歴や運動強度から、トレーニング内容を評価してくれる機能です。

現在のトレーニング効果がどのくらいなのか、トレーニング過剰でないかといったことをデータから分析して通知してくれます。
より効果的に、また故障のリスクを避けながらトレーニングをするのに役立ちそうです。

ランニングダイナミクス

加速度計で計測できるピッチ・ストライドのデータ(ただし簡易的な計測)はエントリーモデルの 230, 235 でも取ることが可能です。

さらに、630, 735, 920 では別売りのベルト型心拍計(HRM-Run)と併用することで、設置時間・バランス・上下動などのランニングダイナミクスデータを取ることができました。

935でも当然この機能は搭載していますが、それに加えてランニングダイナミクスポッドに対応しました。(※ 735も今後ソフトウェアアップデートで対応する模様)

ランニングダイナミクスポッドは、従来は心拍計ベルトを使用しなければ取れなかったランニングダイナミクスデータを、腰につける小さなポッドで計測可能にしたものです。

ForeAthlete 935は何とこのランニングダイナミクスポッドを標準で同梱しています。

つまり、追加のデバイスを買わなくてもすぐにランニングダイナミクスデータを計測することができます。

この機能は、この手のデータ分析好きな好きなランナーには結構ポイントが高いんじゃないでしょうか。

機能比較表

最後に、各機種の機能比較表を貼っておきます。(クリックすると拡大します)

forerunner_spec_compare

価格

ForeAthlete 935 の価格は ¥57,800(税别)。

  • 230J:¥29,800(税别)
  • 235J:¥36,800(税別)
  • 630J:¥24,800(税別)
  • 735XTJ:¥49,800(税别)

ランニング用モデルの売れ筋である235Jと比べると2万円以上高いですが、735XTJ との価格差が \8,000 との価格差は \8,000 円程度。
735 との機能差はかなりあるので、トライアスロンやウルトラマラソン用途であれば 735 よりも 935 の方がリーズナブルな選択になりそうです。

海外版との価格差

ちなみに海外モデル(Forerunner 935)との価格差も見てみましょう。

Forerunner 935のUSガーミンサイトでの価格は $499.99。1ドル110円換算で約55,000円です。

日本版の方が高い様に見えますが、実は海外版にはランニングダイナミクスポッドは同梱されていません。
ランニングダイナミクスポッドは単品で $69.99 で販売されているので合わせると約62,700円。

海外モデルを個人輸入して関税や送料が加算されることを考慮すると、日本モデルを購入する方が純粋に安くなります。

以前は関税・送料を入れても海外版を輸入するほうが1万円以上安かったりしましたが、もはや頑張って海外版を輸入する必要はなさそうですね。これもガーミンジャパン体制の効果でしょうか。

まとめ

以上、Garmin ForeAthlete 930 についてざざっとまとめてみました。

とにかく高機能なので、エントリーランナーが使用するにはちょっとオーバースペックかとは思いますが、トライアスロン・トレイルラン・ウルトラマラソンなどに本格的に取り組むランナーにとっては、ForeAthlete 735XTJ に変わる有力な選択肢になりそうです。

ぼくは今のところラン専門なので、超ロングバッテリーやマルチスポーツ対応といった辺りにはあまり魅力は感じないのですが、ランニングダイナミクスポッド同梱で詳細なランニングデータ分析ができるところにはめちゃめちゃ惹かれています。

商品リンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!