Garmin Forerunner 225 が到着したので開封レビュー!(後編)

Garmin Forerunner 225開封レビューの後編です。
今回は、本体の外観や機能面の仕様を見て行きたいと思います。

前編はこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

外観をチェック

本体は前モデルのForerunner 220を踏襲したデザインで、全面プラスチック素材で軽量な作りになっています。

IMG_3816

220と並べてみました。左が220、右が225。

IMG_3783

色のテイスト含めてかなり似ていますね。
220ではブラック/レッドとホワイト/パープルのカラバリがありましたが、225は今のところこのブラック/レッドの1色のみです。

写真ではちょっと分かりづらいかも知れませんが、225の方が若干大きくなっています。ちょうどボタンの厚み分くらいでしょうか。

続いて裏面。

IMG_3817

225で初の搭載となる心拍センサーが真ん中に鎮座します。これのためにこいつを買ったんですよ!

心拍センサー作動状態ではご覧の通り。

IMG_3776

見てください、この神々しい光。この光で心拍を計測するわけですね。

ちなみに、センサーのライトは通常時(時計モード)は点灯せず、アクティビティモードに切り替えたところで点灯を始めます。活動量計の様に心拍を常時計測するという使い方はできない仕様です。

裏面も220と並べてみました。

IMG_3761

こちらは大分変わっていますね。
センサーの有無の他、USB接続/充電用の端子の位置が変わっています。このため、前編でも紹介した通りUSB接続ケーブルは互換性がありません。

続いて横からの図。

IMG_3785

左が220、右が225。厚み・大きさ共に一回り大きくなっているのが分かると思います。

225のアップ。

IMG_3787

裏面の円周にそって黒い円形の部品があるのが分かるでしょうか。
ゴム製の部品なのですが、これによってセンサーのある裏面と腕との間の密閉性が上がります。心拍計測の精度を高めるためのものだと思われます。

次はベルト部分の比較。

IMG_3802

225の上に220を重ねて、ベルトの左側を揃えた状態です。(右からはみ出た分だけ225の方が太くなっているということ)

結構太くなっていますが自分は225の方が好みです。ただ女性の腕には220の方がちょうどよい感じだったかも知れません。

あとベルトの材質も変わり、225はかなりしなやかな感じになっています。付け外しが断然しやすくなり、とてもいい感じです。

最後に重さの比較をしてみました。

カタログスペックでは220が40.7g、225が54g。約13gの増加とのこと。疑うわけではないですが測ってみました。

IMG_3823IMG_3824

左が220、右が225。スペック通りの結果でした。(当たり前か)

確かに両方を持ち比べてみるとすぐに分かるくらいの違いはありました。腕につけてみても前よりも少し重いかな?という感覚はありますがそれも相対的な話で、225自体はランニングで身に付けるのに十分な軽さだと思います。(ぼくが220の前に使っていた620は72gでしたからね…)

機能面も軽く紹介

最後に、機能面というかソフトウェア仕様的なところも軽く見てみたいと思います。

Forerunner共通の仕様として、時計モードとアクティビティモードの2つのモードがあります。

時計モードは、日常でただの時計として使っている状態。GPS即位や各種センサーは動作せず消費電力を抑えて動作します。
アクティビティモードは、文字通りアクティビティ(ランニング)を行うときに使用するモードです。ランニングの計測をするときはこちらのモードに切り替えて行います。

時計モード

220では時計モードは時計を表示することしかできませんでしたが、225では Activity Tracking の情報表示ができる様になりました。

時計表示状態で、上下ボタンを押すと現在の歩数・目標歩数・移動距離・消費カロリー・心拍数を切り替えて表示することができます。

IMG_3794 IMG_3796 IMG_3798 IMG_3799 IMG_3800

ここで、あれ?と思った方は鋭いですね。心拍数計測はアクティビティモード時しか動作しない仕様ですが、時計モードで心拍数表示の項目があります。

動作を確認してみたところ、上下ボタンで心拍数表示を選択した時点で心拍センサーのライトが点灯して計測が始まりました。その後30秒程度計測を行ったあと自動的にライトが消灯し通常の時計表示に戻る、という仕様の様です。

常時計測はできないけど、今現在の心拍数を測るだけであれば時計モードから抜けずにできるということですね。

アクティビティモード

ランニングの計測を始める際は、時計モードからアクティビティモードに切り替えます。

時計モードで右上の赤いボタンを一回押すと以下のような表示が出ます。

IMG_3821

ここでもう一度赤ボタンを押すとアクティビティモードに切り替わります。

IMG_3826

アクティビティモードに入るとまずGPS捕捉待ちの画面になります。
RUNという文字の上にある赤いゲージがGPS捕捉状況です。このゲージが右まで行くとデータ表示画面に切り替わり、ランニングを開始できる状態になります。(GPS捕捉画面を強制的に抜けて、測位状態が悪い状態でスタートすることも可能)

以前のモデルではGPSの電波状態が悪いところではなかなかこのGPS捕捉待ち画面が終わらず、外に出てから走り出すまで何分も待たされるということがよくありました。
しかし、220からGPSデータのPre Loadが搭載されそのような待ちぼうけをくらうことはほとんどなくなりました。

ランニング中のデータ表示画面は、あらかじめ設定した複数のページの間を上下ボタンで切り替えて表示することができます。

Forerunner 225では最大で以下の5つのページを表示することができ、それぞれ表示する/しないをあらかじめ設定しておくことができます。

  • スクリーン1(カスタマイズ可能)
  • スクリーン2(カスタマイズ可能)
  • 心拍数表示
  • 心拍数ゾーン表示
  • 時計

スクリーン1/2

このページは表示する内容を自分でカスタマイズすることができます。

表示できる項目は

  • 距離(トータル/ラップ)
  • ペース(現在ペース/平均ペース/ラップペース)
  • ピッチ
  • カロリー
  • 心拍数(現在/平均)
  • 心拍数ゾーン

が用意され、1画面内に1項目から3項目を並べて表示することができます。表示の形式はこんな感じ。

IMG_3829  IMG_3828  IMG_3827

3列表示でも可視性は十分だと思います。

心拍数表示

心拍数表示画面は、上下分割で心拍数の数値と心拍数ゾーンが表示されます。

IMG_3830

心拍数ゾーン表示

こちらの画面では心拍数とゾーンがグラフィカルに表示されます。

上の心拍数表示とこちらのゾーン表示はどちらかを選択して使うことになりそうです。ぼくはこちらの方が好み。

IMG_3832

時計画面

IMG_3833

時計表示。時計モードの時と違ってモノクロ表示なのはなんでだろう。

機能のレビューはこのくらいにしておこうと思います。

どこで買う?

今回ぼくはいつも通り海外版を個人輸入で購入しました。価格は送料込みで約¥32,500。

これまでForerunnerの日本語版(ForeAthlete)は、海外版の発売から半年以上遅れ、価格も1万円近く高い設定で発売されていたので、迷うことなく海外版を選択したのですが、8/24に早くもいいよねっと(Garminの日本公式代理店)から日本語版 ForeAthlete 225が発売されることが発表されました。(プレスリリース

価格は税抜¥33,800(税込¥36,504)。海外版の価格は$299なので定価ベースで比較してほぼ同額です。正直これには驚きました。

更に日本のAmazonでも取り扱いがあり、販売価格はなんと税込¥33,179!(記事掲載時点)
もうこの価格差ならリスクを負って海外版を選択する理由はないと思います。ということで今から買うならAmazonでの日本語版購入がおすすめです。

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS 心拍計内蔵 ForeAthlete225J 147216
by カエレバ

ちなみに旧モデルの220Jもお買い得感がありました。心拍計が不要な人はこちらでもいいかもしれませんね。

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS ForeAthlete 220J ブラック/レッド Bluetooth対応 【日本正規品】 114764
by カエレバ

ちなみにちょっとだけ負け惜しみを言うと、日本語版の表示フォントはイマイチだと思うんですよね。英語表記の方がかっこいいぞ!(負け惜しみ終わり)


以上、旧モデルからの変更点を中心に、Forerunner 225の概要をご紹介しました。

もし購入を検討している方で、この部分の仕様が知りたい!などありましたらコメント欄から質問下さい。即答はできないかも知れませんが答えられる範囲でお答えします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!

コメント

  1. イズQ より:

    初めまして。
    EPSON710から買い替えを検討しているんですが、
    心拍計の精度はいかがなものでしょうか?

    EPSON810のレビューでは、
    測定できない時が結構あるように見受けたので、
    ガーミンには期待しているのですが。。。

    宜しくお願いします。

    • しろくま より:

      イズQさん

      コメントありがとうございます。
      他に比較対象になる心拍計を持っていないというのと、まだ一度しか計測をしていないということもあり、あまり詳細なことはお伝えできないのですが、一度走った感じでは最初から最後まで割りと正しく値を取れていたのではないかと思います。

      走っている最中はペースの上げ下げに応じて心拍数も反応していましたし、後でグラフを見ても値をロストしている様な期間はありませんでした。

      参考になれば幸いです。

  2. みそにこみ より:

    はじめまして(*´∇`*)
    225のインプレッション、とても参考になります。

    今、610を使ってまして、心拍トレーニングもしたいなぁと思ってたところに、
    ついにガーミンからもきましたね!

    そこで、ご質問なのですが、
    ・ランニングと自転車モードの使い分けは可能でしょうか?
    ・バーチャルパートナー機能がないようですが、設定ラップペースよりも遅い早いがわかるような使い方は可能でしょうか?(例えばキロ6分より遅いとアラームが鳴る とか 何か表示されるとか・・・)

    心拍の使用感も楽しみにしています!(*´∇`*)

    • しろくま より:

      みそにこみさん

      コメントありがとうございます。
      610からの乗り換えだと心拍計だけでなく軽さにもきっと感動しますよ。
      ご質問の件ですが、

      > ランニングと自転車モードの使い分けは可能でしょうか?
      610で搭載されていたマルチスポーツモードのことだと思いますが、225にはこの機能はなくランニングのみのはずです。

      > バーチャルパートナー機能がないようですが、設定ラップペースよりも遅い早いがわかるような使い方は可能でしょうか?
      アラート機能が使えると思います。あらかじめペースの上限と下限を設定しておくと、そのペースを上回った時/下回った時に通知が上がります。

      参考になれば幸いです。

  3. Tomoko より:

    こんにちわ。レビューとても参考になりました。
    表示項目についてお尋ねいたします。

    現在使っているのは620Jなのですが、これには「ラップ数」という表示があります。
    これが220Jになかったので、仕方なく値段の高い620を買いました。
    公園の周回をしている時に、何周回ったのかわからなくなり、
    情けないことに老眼なので、ラップボタンを押した時の何回目という数字が見えにくいんです。で、大きな表示にして確認しています。
    今回のGarmin Forerunner 225 には「LAPS」という項目はありますでしょうか。
    教えていただけたらありがたいです。
    よろしくお願いいたします。

    • しろくま より:

      Tomokoさん

      ご覧頂きありがとうございます。
      実機で確認をしてみましたが、225 にも「LAPS」の項目は無い様です。
      表示項目くらいは上位機種と下位機種で同じにしてほしいところですけどね…

      • Tomoko より:

        しろくまさん。
        確認していただいたのですね。
        やっぱりないのか~~。
        ありがとうございました。

  4. あお より:

    初めまして!

    10Jを使っていますがバッテリーが
    へたってきたので、
    225Jを検討しています。

    三項目表示時に距離、ペース、心拍数を
    同時に表示させる事は出来ますか?

    プールや海で使えますか?
    よろしくお願いします!

    • しろくま より:

      あお さん

      こんにちは。
      1画面に距離、ペース、心拍数の3項目を表示することは可能です。
      防水は、GarminのWebサイトの記載によると50m相当の防水とのことです。ただ、水中で使用した時にGPSや心拍計での計測が正しく行えるかどうかはちょっと分かりません。

  5. 与太郎 より:

    初めまして!
    610を新製品当時から使っていますが、裏のメッキがはげてきたり、充電の接続が不安定だったり、充電すると電池が空っぽになったりしていましたが、だましだまし使っていました。ついに最近、スタート・ストップボタンが操作不能になり、次のものを購入しようと検討しています。
    最近はEPSONも市民権を得てきたようです。質問は
    ・GARMINとEPSONの違い
    ・最近のGARMINの充電の安定度合い(225より220の方が端子に汗がつきにくいようにみえたりします。)
    です。
    お時間のあるときにご教授願います。

    • しろくま より:

      与太郎さん

      こんにちは。
      すみません、EPSONについては正直あまり詳しくないので、カタログスペックを見る限りGarminとほぼ同等のことはできそう、ということくらいしかいえません。
      特にGPSの精度などは実際に使ってみないとなんとも言えないですが、個人的には老舗GPSデバイスメーカーのGarminに分があるのではないかと思っています。(確証はありません。)

      充電については、Amazon でクレードルが外れやすいというレビューがいくつか見られますが、個人的にははめるときにしっかり確認すればいいだけなので使用上まったく問題はありません。(気がついたら外れていたということは一度もありません)
      端子の位置については確かに220よりも露出しやすい場所にありますが、使った後は水洗いできますし、端子が表面にある分拭き取りやすくて220よりも使い勝手がいいです。

      ご参考になれば幸いです。

  6. あお より:

    しろくまさん、早速の検証ありがとうございます。

    225Jの画像検索で調べても、
    この3項目を同時に表示された画像はなかったので、
    どうなのかなと思っていました。

    50メートル防水と言うことは、
    計測値は正確ではないですが
    とりあえずは水に浸けても大丈夫なようで
    安心しました。

    225J、更に欲しくなりました!

  7. もも より:

    はじめまして。ガーミン620をなくしてしまい泣く泣く再購入するにあたり、225jではなく225を購入しました。225jには傷保護カバーが購入出来るようですが、それは海外版でも使用可能でしょうか?またラバーライトシールについてもいかがでしょうか?ご存じでしたら教えて下さい

    • しろくま より:

      ももさん

      こんにちは。620をなくしてしまったとは災難でしたね…
      ご質問の件、確実なことは言えないのですが、225と225jの違いはソフトウェアだけで、本体の形、サイズは全く同じものだと思っています。なので、保護シートもラバーライトシールも225j用のものが使えるのではないでしょうか。
      ただ保証はできないので、あくまで参考程度にお願いします。