Garmin ConnectからStravaへデータ同期するオフィシャルな方法

先日の記事

で、Garmin Connect のアクティビティデータを、Runkeeper と Strava へ同期させる方法について紹介しました。

ここで紹介した方法では、CopyMySports というサードーパーティーのウェブサービスを使用しているのですが、Strava については公式に Garmin Connect とのデータ連携がサポートされていることが分かりました。(コメントを下さった方、ありがとうございます。)

今回はこのやり方について紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

同期設定手順

それでは、設定方法を順を追って説明します。

まずWebブラウザでStrava のサイトにログインします。

ダッシュボードが表示されたら、画面上部にある「+」アイコンから「アクティビティをアップロード」を選択。

garmin_strava_001

連携できるサービスの一覧が表示されるので、GARMIN のところにある「始める」ボタンをクリック。

garmin_strava_002

以下のダイアログが表示されるので、「Garminに接続」をクリック。

garmin_strava_003

すると、別ウインドウで Garmin Connect への接続許可を求める画面が表示されるので、Garmin Connect の ID とパスワードを入力してサインインします。

garmin_strava_004

サインインに成功するとこのウインドウは閉じられます。元の Strava のページを開いているウインドウに戻り、以下のメッセージが表示されていれば成功です。

garmin_strava_005

しばらくすると、Garmin Connect にアップロードされたアクティビティが Strava へ同期される様になります。

CopyMySports との連携を切る

Garmin から Strava への同期設定は上記で完了ですが、既に CopyMySports を使って Garmin からの同期設定をしている場合はこのままだと二重にデータが登録されてしまうので、以下の手順で同期設定を削除しておきましょう。

Strava のダッシュボード画面から、右上にあるアバターアイコンをクリックし「設定」を選択します。

garmin_strava_006

設定画面の左に並んでいるメニューの中にある「My アプリケーション」をクリック。

garmin_strava_007

Strava へのアクセスを許可しているアプリケーションの一覧が表示されます。

この中に CopyMySports があるはずなので、「アクセスを取り消す」をクリックします。

garmin_strava_008

これで CopyMySports から Strava への接続が切られました。


今回は以上です。是非参考にしてみて下さい。

参考サイト

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!