JINS MEME が体験できるセミナーイベント「JINS RUN ACADEMY」に参加してきました!

以前の記事

の中でも少し触れていますが、ランニングフォームを可視化できるメガネ型ウェアラブルデバイス、JINS MEME(ミームと読む)が最近気になってしかたがありません。

しかし、結構なお値段がしますし、何よりかなり新規もののデバイスなので効果や使い勝手もどれほどのものかも分からず、簡単ポチっとするわけにも行かない。。。

無料モニターとかないのかなーとJINSのサイトを眺めていると、ランニングセミナーとJINS MEMEが体験できる「JINS RUN ACADEMY」というイベントが定期的に開催されているのを発見しました。

定員制で応募者多数の場合は抽選とのことでしたが、ウェブサイトから応募してみたところ見事当選!

で、先日そのイベントに参加してきましたので、その内容を紹介したいと思います。
かなり楽しい&お得感のあるイベントでしたよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

JINS MEMEってなに?

簡単に言うと、体の動きを計測するためのセンサーが内蔵された、メガネ型のウェアラブルデバイス。

公式サイトはこちら

こちらの記事で軽く紹介をしているので、JINS MEMEが何か知らずにこの記事にたどり着いちゃった方はよろしければご覧ください。
(知っている方はそのまま進んで頂いて問題ないかと。)

JINS RUN ACADEMYってどんなイベント?

JINSが主催している、プロトレーナーによる指導とJINS MEMEの体験を組み合わせたセミナーイベントです。

jins-run-academy-logohttps://jinsmeme-lp.jins.com/seminar.html

フォームを可視化し、走りの「弱点」を見つける。見つかった弱点の改善方法を、プロトレーナーから教わる。教わったことを、JINS MEMEを使って実践する。

JINS MEME RUN ACADEMYは、最先端のテクノロジーとプロのノウハウを融合した、ランナーのためのスタディ・スペースです。 JINS MEMEにしかできないトレーニングメソッドで自分の走りを進化させ、理想の走りを手に入れてみませんか。

引用:JINS RUN ACADEMY サイトより

対象のレベルや目的によって3種類のコースが用意されていて、自分のレベルに応じて内容を選択することができます。

run-academy-seminors

週1回〜2回のペースで開催されていて、Webサイトから申し込むことができます。
※ 各回定員制。応募者多数の場合は抽選です。

イベント当日のレポート

イベントの会場は、JR原宿駅から徒歩7分の場所にある、JINS MEME FLAGSHIP SHOP。通常のJINSの店舗とは異なり、JINS MEMEのみを取り扱っている店舗です。

DSC_0219

イベントは、18:30受付開始の19:00開始。
18:30少し前に店に到着すると、既に通常の営業は終了し、セミナー参加者だけを店内に案内している状態でした。

DSC_0226

カウンターで受付をすると、近くにあるランステの利用券を渡され、ここで着替えをしてきて下さいとのこと。

DSC_0220
募集時の案内では、店舗に更衣室はないのでランニングができる服装でお越しくださいと書かれていました。さすがにランニングウェアで山手線に乗って原宿の町を店まで歩くのはアレなので、店のトイレででも着替えればいいかと思っていましたが、これは助かりました。

ランステは、店舗から表参道沿いを原宿駅方面に向かう途中にあるNOHARAという店。
小さなビルの2階にあり、知らなければなかなかここがランステとは分からないですが、代々木公園を走るには便利な立地です。

DSC_0222

DSC_0224

着替えを済ませて店に戻ると、ランニングウェアに着替えた参加者達がスタンバっていました。こんなセミナーに参加するだけのことはあって皆さん気合の入ったウェアに身を包んでいます。

スタッフの方に着替えを終えて戻った旨を伝えると、この日使用するJINS MEMEとドリンクを渡されました。

DSC_0229

来ました!これが今回のお目当てのJINS MEMEです。テンション上がります!

そうこうしているうちに開始時間の19:00。いよいよイベントがスタートです。

前半パートは座学

まずはJINSのスタッフの方からJINS MEMEについての簡単な紹介がありました。JINS MEMEで何ができるの?っていう一般的な内容です。

JINS MENEの紹介が終わると、今回の講師の小松先生による講義の時間。

講師:小松秀人先生

十字堂鍼灸院 院長、中野健康医療専門学校 学校長。

パフォーマンスアップやけが予防の観点からフォームに着目したスポーツ診療を行い、プロからアマチュアまで幅広いランナーの挑戦を支える。診療の傍ら、自身もランナーとしてフルマラソン3時間4分の自己ベストを保持。トレーナーとしての知識・経験とランナーとしての実践の双方に裏付けられたランニングへの深い造詣から、雑誌「ランナーズ」などでアドバイザーもつとめる。

今回ぼくが参加したのは「走りの“弱点”チェック&フォーム改善」のコース。
自らも3時間4分の記録を持つ小松先生のランナーとしての実体験も交え、自分の弱点を知ることとランニングフォームの重要性についてのレクチャーが行われました。

話のポイントとしては以下の様な感じ。(覚えている範囲で)

  • だれしも体の歪み・偏りがあり、体のすべてを均等につかえていない
  • 体の使えていない部分=弱点
  • 弱点は走りのバランスを崩し、パフォーマンスの低下・故障につながる
  • 自分の弱点を知りそれを補うことで、より効率のよい走りを身につけることができる。
  • 年齢による筋力の衰えは避けられないが、走りの効率を高めることでカバーすることはできる。
  • JINS MEMEを使うことで自分の弱点を可視化し、弱点を補う方法を知ることができる。
  • JINS MEMEの優れた点は、継続的にリアルタイムにフィードバックしてくれることで、フォームに対する意識づけをすることができる。

講義は時間にして大体30分くらいでした。

後半は実技の時間

講義が終わると次はいよいよ実技のパートに入ります。
座学ももちろん重要ですが、やっぱりランナーにとっては実際に走って体験するのが楽しみですよね。

実技パートは大きく2つのことを行います。

  1. 小松先生による参加者一人ひとりのフォームチェック&アドバイス(店舗内)
  2. JINS MEMEを装着して約3Kmのトライアルラン(屋外)

参加者が2つのグループに分かれ、一方のグループが店内で1を行っている間にもう一方のグループが2を行い、終わったら交代、という具合です。
ぼくは1→2の順に実施するグループに入りました。

フォームチェックの部

フォームチェックのパートでは、参加者がひとりずつJINS MEMEを装着して店内に設置されたトレッドミルで走ります。

トレッドミルの正面のスクリーンにはJINS MEMEと接続したJINS RUNアプリの画面が表示されていて、今走っている人の重心バランスをリアルタイムに見ることができるというわけです。

DSC_0235

小松先生がそれをチェックして、それぞれ個別にアドバイスをして下さいます。アドバイスの内容は弱点の場所の指摘だったり、具体的なトレーニング方法の指導だったり、その人の内容によって色々でした。

ちなみにぼくがいただいたアドバイスはというと、

今見る限りでは、バランスの取れたいいフォームをしていて大きな問題は見当たらない。
ただ、長い距離を走った時にこのバランスが崩れてくる可能性があるので、JINS MEMEを使って常にフォームの状態をチェックし、この状態がより長く持続できるような力をつけるためのトレーニングをして欲しい。

というものでした。

めっちゃうれしいんですけど!!

ただ、他の人達の様な具体的なアドバイスをいただくことができなかったので、若干複雑な気持ちでした。

ちなみに、フォームチェックと平行して、立ち姿勢の写真とトレッドミルで走っているところの動画の撮影も行いました。
撮影した画像は、小松先生の一言コメント付きで後日メールで送ってもらえます。

フォームチェックパートは大体40分くらいで終了しました。

代々木公園でトライアルランの部

最後のパートは、店の外にでてJINS MEMEを使用したトライアルランです。

まずはスタッフの方の説明を聞きながら各自JINS MEMEのセットアップ。それぞれのスマホとJINS MEMEを接続できたら準備完了です。

その後、スタッフの方が先導して店から代々木公園まで軽くジョグ。

DSC_0237

代々木公園についたら、公園内の周回コースを各自のペースで2週します。

走り終わった後は、JINS RUNアプリでランの結果を確認します。ここまで参加者同士で会話をする機会はあまりありませんでしたが、ここではお互いラン結果を見せ合いながら色々会話もはずみました。

その後再びお店までジョグで帰ります。「せっかくだから帰りも計測しよう」と言ってみんなアプリを再度スタートさせたりしていました。

DSC_0241

お店に戻ると、スクリーンにはこんな画面が。

DSC_0242

このイベントの後、JINS MEMEを1ヶ月間レンタルすることができるのですが、その1ヶ月間の走行距離に応じてモニター期間終了後に割引料金で購入できるということの様です。
30% OFFはなかなか大きいですが、300Kmはちょっとムリだな〜。

カウンターでレンタルのJINS MEMEを受け取ったらイベントは終了となります。
(もちろん帰りも最初のランステで着替えできます。)

予定終了時刻は21:00でしたが、結局終わったのは21:20を少し回ったくらいでした。

感想

いやー、とにかく内容盛りだくさんで楽しいイベントでした。

セミナー、フォームチェック、代々木公園でのランニングに加えて、JINS MEMEの1ヶ月レンタルがついて、¥1000というのはかなりお得だと思います。

まあ、目的の半分以上はJINS MEMEのレンタルなので、これから1ヶ月間使い倒したいです。
下の写真はおみやげのJINS MEMEセット。(もらったわけではないですが)

DSC_0243

DSC_0245

JINS MEMEに興味があるランナーの方は参加してみてはいかがでしょうか?
オススメです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!