またも撃沈!2015かすみがうらマラソンレポート

2015年4月19日に開催された第25回かすみがうらマラソンに出場してきました。

かすみがうらマラソンは今シーズン最後のレースでしたが、結果はなかなかに散々なものでした。というわけで当日の様子やレース結果などを振り返ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

かすみがうらは鬼門のレース

かすみがうらマラソンは今回で3回目の参加になります。

1回目は忘れもしない2年前、4月下旬にして気温5℃で雨という最悪のコンディションのレースでした。初めてのフルマラソン完走を目指して望んだこのレースでしたが、10Km過ぎで猛烈な尿意に襲われコンビニのトイレ行列で30分ロス。その後15Km過ぎでも更にトイレで5分程ロスし、結局17Km関門で足きりとなりました。びしょ濡れのまま雨ざらしで収容バスを1時間近く待つことになり地獄を味わいました。多分低体温症寸前の状態だったと思います。

2回目は昨年。前年のつくばマラソンで初完走を果たし記録更新をと意気込んでいましたが、30Km手前で火種だった腸脛靭帯炎が見事に発火しまともに走れない状態に。1Km走って500m歩くみたいな状態で、4時間37分01秒で何とかゴールにたどり着きました。

今回はまともなレースをして、何とかこの悪いイメージを払拭しようと当日に臨みました。

レース当日の流れ

朝食

当日は5時に起床。軽くストレッチして身体をほぐしてから朝食を取りました。

朝食のメニューは

  • ご飯
  • 味噌汁
  • 納豆
  • 梅干し
  • カステラ
  • オレンジジュース

当日の朝食については色々情報収集した結果、このメニューに落ち着きました。しばらくはこれで行ってみようと思っています。

朝食を終えた後、いつもなら15分~30分くらいでもよおしてきてトイレ(大)を済ませるのですが、この日は1時間経っても便意がいらっしゃいません。不安な気持ちを抱えつつそのまま家を出ることにしました。

上野から常磐線特急で土浦へ

土浦までは、上野から ときわ51号(上野7:30発→土浦8:17着)にのりました。

wpid-20150421095652.jpg

wpid-20150421095714.jpg

現地である程度余裕を持つことを考えると、この電車か一本前のときわ43号(臨時列車かすみがうらマラソン号:上野7:13発→土浦8:09着)がベストだと思います。

土浦駅に到着し改札階に上がると、例年通りの大混雑。

wpid-20150421100046.jpg

これは一般の人にとってはたまらないだろうなと思いつつ、流れに身を任せて少しずつ進んでいきます。

かすみがうらマラソンって参加者28000人規模で、2014年だと全国で4番目の規模の大会なんですよね。上位の他の大会は都市部の大きな駅が最寄り駅になっている中、この土浦とという立地でこれだけの人数をさばいて大会を運営しているというのはすごいことだと思いました。(もう明らかにオーバーキャパなのでこれ以上人数を増やすべきではないと思いますが)

会場でスタート前の準備

駅から会場へ向かう道も大混雑です。

wpid-20150421100535.jpg

今年から、会場へ行く途中にある結婚式場が更衣室になっていました。(多分去年はなかったと思います)。中をのぞいてみたら既に人でいっぱいで、会場の芝生の上で着替えても大して変わらない様だったので、スルーして会場へ向かいました。

会場に着き、いつもの様に野球場の芝生の上にレジャーシートを引いて陣地を確保。ここまで来るとひと安心です。ただ去年、一昨年よりも空いたスペースを見つけるのに苦労しました。年々参加者も増えてますからね。

wpid-20150421100552.jpg

着替えてを終えて荷物をまとめたら荷物預け所へ。野球場から荷物預け所のある広場へは細い通路を通るためここでまた行列が起きていました。ポイントポイントで結構時間がかかるので、やはり余裕を持って早めに到着しておくのがいいですね。

最後のお仕事、トイレ

トイレはそれなりの数が用意されているのですが、待ち行列がなんというかちょっとカオスな感じでした。

  • 列が何本も出来ているがどの列が一体どこへ向かっているのか分からない
  • 知らないうちにさっきまでなかった列が出来ている
  • 列ごとのトイレ割り当て数が明らかに違う

まあこの規模なんである程度は仕方ないとは思いますが、多少でも係員を配置するとか、整列のための線を引いておくとかできるともう少し改善するのではないかと思います。ぼくが並んだ列は一番はずれの列だったと思いますが、それでも待ち時間は20分くらいでした。来年以降の参考になれば。

ちなみに朝家を出る前に出せなかったものは、結局ここでも排出できませんでした。まあ、10時になって出なければもう出ないんでしょう、と覚悟を決めてスタート地点へ移動しました。

レーススタート!

10:00、号砲がなりスタートです。

今回ぼくはEブロックスタートでしたが、スタートライン通過までは約9分でした。スタート地点では、毎度おなじみM高史さんやアントキの猪木さんらモノマネタレント軍団が声援送ってくれます。

そしてこれも例年通りですが、スタートラインを超えても全く走れない。自分のペースで走れないとかではなくしばらく歩いたままなのです。走れる様になるまで1~2分くらいかかったでしょうか。まあ仕方ないですかねー。

今日のプラン

前回の記事

にも書きましたが、今回のレースプランは「練習不足だけど5:20/Kmで行ける所まで行ってみる!」です。

前が開けてきたところで徐々に設定ペースまで上げて行きましたが、正直この段階で「ああ、今日はダメだな」と思いました。最初からお尻の筋肉はパンパンに張っているし、身体のキレも全然ない。レース前にトイレに失敗したせいかお腹も張って重い。

どんよりした気持ちで序盤を進んでいきました。

行ける所までいけたのは前半まで

20Kmまでの5Kmラップは以下の通り。

  • ~5Km : 28’18 (5’39/Km)
  • ~10Km : 27’03 (5’24/Km)
  • ~15Km : 26’59 (5’23/Km)
  • ~20Km : 30’22 (6’04/Km)

15Km~20Kmはトイレロスが1~2分あるので実際のペースはもう少しましでしたが、折り返しを待たず早くもペースが落ち始めていました。どんより。

Garminにトラブル発生

更に追い討ちをかけるように、Garminの距離計測が止まってしまうというトラブルに見舞われました。

GPSを一時的にロストしただけだろうと思いしばらく様子を見ていましたが、1Km、2Km走っても距離は止まったまま。このままではペースが確認できないため、仕方なく計測を止めてGarminを再起動することにしました。無事にGPSは復活しましたがこの時点でネットタイムは分からなくなりました。

結果的にはネットタイムが分からないなんてことはどうでもいい状況になるわけですが…

地獄の始まり

中間地点を過ぎ、コース最後の大きな下り坂を下りきると一段と脚に疲れを感じましたが、次のラップも何とか5’40/Kmペースで乗り切ります。

  • ~25Km : 28’24 (5’40/Km)

この時点では、「このまま5’40/Kmを維持できればギリギリ4時間は切れるかも」なんて楽観的なことを考えていたのですが、30Kmを前にして左ひざに刺すような痛みが走りました。恐らく腸脛靭帯炎です。

初めは、給水所ごとに休憩を入れれば何とか走れましたが、それがやがて1Kmおきになり、ついには500mも走り続けられない状態になりました。

残り10Kmが恐ろしく長く感じます。ゴールまであと何時間かかるのか良く分かりません。とにかく早く終わりたい。

…あれ?これ去年と全く同じじゃん。

こうなるともうタイムなんてどうでもいいので、歩いたり、走ったり、途中路肩に座り込んで他のランナーたちを眺めてたりしました。そんなことをしていたら段々気が楽になってきて、膝は痛いですが何とか先に進むことができました。普段はあんまりエイドで食べ物はいただかないのですが、今回はたくさんいただきました。

  • ~30Km : 39’01 (7’48/Km)
  • ~35Km : 45’29 (9’05/Km)
  • ~40Km : 46’15 (9’15/Km)

グロスで5時間は死守

ヘロヘロになりながら残り1Kmくらいまでたどり着いて時計を見ると、ぎりぎり5時間は切れそうな時間であることに気づきました。ここでなぜか急に偽アスリート魂に火がつきます。

グロス5時間は死守する!

左足に体重はかけられないもんでほとんど右足一本でじたばた走りました。体感的には4:30/Kmくらいで走っていた感じですが、実際は7:00/Kmくらいだったでしょうw

競技場の中で5時間のペースメーカー集団を抜き去りそのままフィニッシュ。

グロス4時間58分○○秒、ネット4時間49分○○秒。
昨年のかすみがうらで出した自己ワーストを見事に更新しました。

参加賞

それではフィニッシュ後にもらった参加賞の数々を紹介します。

アミノバリュー

アミノバリューのペットボトル。アミノバリューって普段飲むとちょっとクセのある味だけど、レース後に飲むと全然それを感じないから不思議。

Tシャツ

ことしのTシャツはこんな感じでした。

wpid-20150421100627.jpg wpid-20150421100642.jpg

シンプルなデザインでなかなかいいですね。これなら練習やレースにも着れそうです。

この「KM」っていうロゴは、スタッフの皆さんが身に着けていたキャップやウェアにも着いていて、今年のTシャツはこのロゴ入りかなと思っていたら当たりでした。

バナナ

もらった瞬間に平らげました。

記録証

最近では即時発行しない大会の方が珍しくなりましたね。写真はもういいでしょう。

れんこんめん

wpid-20150421100611.jpg

毎度おなじみれんこんめん!今年ももらえました。これが意外とうまいんですよ。

リゲイン

レース後にリゲインてのも悪くないですね。

マックのポテト無料券

土浦周辺の数店舗限定。すいません、ちょと使う機会ないです…

まとめ

かすみがうらはやっぱり鬼門だった。

練習不足なときは無理しちゃだめ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!