気になる!最新のランニングギア&サービスを紹介 [2016年春]

ガジェット好きランナーたるもの、常に最新のランニンググッズやサービスのリサーチには余念がありません。新しいランニンググッズを買ったり調べているだけでもランニングのモチベーションが高まります。

ランニングはお金がかからないスポーツだなんて誰が言ったんでしょう。

レースシーズンも一段落し、次に試してみたいグッズやサービスなどが色々たまってきたので、自分用の覚え書きも兼ねて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フリップベルト

FlipBelt(フリップベルト) スポーツウエストポーチ FBC カーボン M

ちょっと変わったランニング用ウエストポーチです。
(メーカーサイトではウエストポーチ型アスレチックウェアと呼んでいます)

筒状のベルトがぐるっと輪っかになった様な形をしていて、履く様にして腰回り装着します。本体にファスナーはなく、収納物は何箇所かある切れ込みから中に差し込んで入れます。

↓ こういうこと。
flipbelt_inside

PVを見るとどんな風に使うかイメージが湧きますよ。

– 全体が伸縮性のある素材で出来ていて体にフィットする
– ベルトそのものが収納部なのでたくさんのものが入れられる

という辺りがポイントですね。

カラバリも豊富。

flipbelt-colorvari

公式サイトはこちら

ちなみに今はこれ使ってます

spibelt2

スパイベルト。こっちは結構メジャーかも知れないですね。

見た目はコンパクトですが収納部がかなり伸縮するのでスマホも余裕で入ります。あまりたくさんのものを入れずコンパクトさ重視ならこれはかなり使えます。

OAKLEY ハーフジャケット2.0

(オークリー)OAKLEY Half Jacket 2.0 OO9153-02 Silver w/Slate Iridium Free

スポーツサングラスの代名詞、オークリーの人気モデル。

今は、ZOFFで買ったスポーツモデルにUVレンズを入れたものを使っていますが、そろそろちょっといいサングラスを使ってみたいなと。

オークリーでランニング向きのモデルというと、RADARLOCK、FLAK2.0 なども定番ですが、ぼくはシンプルなデザインのハーフジャケットが好みです。

Amazonだと ¥16000 程度。思ったよりは高くなかったです。やっぱりかっこいいなあ。

ちなみに Amazon もいいですが、メガネ・サングラスを買うなら OhMyGlasses という通販サイトもおすすめです。

5日間無料試着サービスがあり、届いたメガネを試着してみて合わなければ送料無料で返品することができます。

OhMyGlasses でもハーフジャケット2.0は取り扱いありました。

halfjacket_ohmyglasses

adizero takumi ソックス

(アディダス)adidas az takumi ソックス BIQ18 AP4973 ホワイト/ソーラーイエロー 2527(アディダス)adidas az takumi 5本指ソックス BIQ19 AP4398 スーパーパープルS16/プリズムブルー F13 2527

シューズと同じくらい靴下は大事。

ぼくは、薄くて軽く土踏まずに若干サポートがあるくらいであまりゴテゴテとしていないソックスが好みなのですが、adidasのtakumiシリーズのソックスがあることを知り、かなり興味を惹かれています。

『シューズだけが走る武器ではない』点に着目して、シューズの匠・三村仁司氏と共同開発したadizero takumiと合わせて履くソックス。吸汗速乾性と通気性を追求したメッシュ構造。足の形に合わせたフィット感。着地時のぶれを防ぎ強い蹴り出しを実現させるグリップ。”日本人ランナーを速くするために”生まれたソックス。

ちょうどレース用シューズを takumi ren boost に変えたこともあり、このソックス試してみたいです。

ぼくは、5本指ソックスの指の間にものが挟まる感覚が苦手なので、もっぱらノーマルタイプを使っていますが、ノーマル・5本指の両方がラインナップされています。

ちなみに今はこれ使ってます

RxL SOCKS の TRR-10G という一番スタンダードなモデルです。

TRR-10G

軽くて薄く、左右非対称で足形に沿った形状(これが超立体製法?)でフィット感抜群。

takumi と履き比べて、こっちに戻ってくる可能性も十分あり。そのくらい気に入っています。

キャタピラン

caterpyrun

結ばない靴ひも、キャタピラン。
伸縮性のある素材でコブコブのある靴ひもで、結ばずに靴を締められるというものです。

商品自体は少し前に見たことはありましたが、少し変わったアイデア商品くらいにしか思っていませんでした。が、その後も着実に高い評価を得て、現在累計販売数は250万本を突破したとのこと。

どうやら、結ぶ手間が省けるというだけではなく、靴のフィット感も高まるという効果も大きいようです。

シューズを履く時のひもの締め具合はとても重要ですぼくはいつもレースのスタート前は3回も4回も紐を締め直したりしていますが、この靴ひもなら一度いいポジションを決めてしまえば脱ぎ履きしてもその状態がキープできそう。ひもを買えるだけでシューズのフィット感がアップできたらうれしいですね。

長さは50cmと75cmの2種類があるようです。

ウォークマン NW-WS410シリーズ

nw-ws410-logo-2

ランのお供に音楽は必須という人も多いはず。
これはウォークマンのスポーツ向けWSシリーズの最新モデルです。

これ単体で音楽再生ができるので、音楽のためにスマホを持って走る必要がなくなるのがうれしいです。

公式サイトはこちら

主な特徴としては、本体一体型の耳掛けタイプながらかなりの小型・軽量(32g)、水泳にも使用できるレベルの防水性能などがありますが、個人的に最大のポイントはなのは、外音取り込み機能

左右のヘッドホンに内蔵されたマイクロホンで、環境音や人の声を取り込み、ウォークマンで聴いている音楽にミックスするモードを搭載しました。周りの状況に気を配りつつ、ランニングなどのスポーツに集中することができ、また、周囲の人とコミュニケーションを取ることもできるので便利です。

ネックバンド型のヘッドホンは耳を塞ぐ密閉型のものが多く、安全性の面ではランニングには不向きというジレンマがありますが、これでより安全に音楽を聞きながらランニングできます。

再生時間は12時間と長距離ランやフルマラソンでも余裕の長さ。
ウォークマンなので音質にもきっと問題ないでしょう。

4GBモデルで約¥11,000、8GBモデルでも約¥13,000 というお手軽な価格も魅力です。

ちなみに今はこれ使ってます

PLANTRONICS の Backbeat Fit。

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth スポーツ用ワイヤレスヘッドセット(ステレオイヤホンタイプ) BackBeat Fit Blue BACKBEATFIT-BL

ウォークマンの様なプレーヤー一体型ではなく Bluetooth ヘッドセットです。

この製品は、特殊なイヤーピース形状で周りの音が聞き取りやすい設計になっているのが特徴。確かに他の密閉型のヘッドホンに比べて走っている時の外音は耳に入ってきました。

走っている時にずれることもなく、なかなかいい一品です。

ちなみにぼくはメガネランナーですが、メガネとの干渉も問題なしでした。

JINS MEME MT

jins-mem-mt-side

ぼく的にはいまこれが一番アツい!JINS MEME です。

JINS MEME は JINS が開発したメガネ型ウェアラブルデバイス。JINS MEME ESJINS MEME MT の2つのモデルがありますが、MT はスポーツサングラスタイプのモデルです。

JINS MEME MT は3軸の加速度センサーと3軸のジャイロセンサーを搭載し、それらのセンサーが運動時の体の動きを測定してデータ化します。

それで具体的に何が分かるかですが、JINS MEME RUNという専用のアプリと組み合わせて使うことにより、自分のランニングフォームを可視化してチェックすることができるというものです。

jins-meme-run-1

コンセプトムービーを見ると機能のイメージがより分かります。

さらにすごいのは、JINS MEME TAIKAN というアプリと連携することにより、JINS MEME RUN で得られた自分の弱点に対して、それを鍛えるためのトレーニングメニューを TAIKAN アプリが提案してくれるという点です。

jins-meme-taikan-1

これまでもデータを収集するためのいろいろなデバイスがありましたが、得られたデータを活用して次の行動を提案してくれるアプリというのはあまりなく、ついにここまで来たかという感じです。

価格は ¥19,000 とまあ手がとどく範囲。これはガジェット好き+理論派(理屈っぽい)ランナーとしては心惹かれまくりです。

Garmin ForeAthlete 230(日本未発売)

forerunnr-230

言わずと知れたGPSウォッチの定番、Garmin Forerunnrrシリーズのニューモデルです。

といっても日本ではまだ未発売。
昨年の秋に海外では230、235、630 という3つのモデルが発売され、日本でもそろそろ出ても良い頃ではないかと思っています。

日本で発売されたら 230 を買おうかと思案中。

ちなみにこの3機種の機能紹介の記事を書いています。興味のある方は見てみて下さい。

スマートコーチ(オンラインフォーム診断サービス)

スマートコーチ
https://smartcoach.jp/

smart-coach-logo

「スマートコーチ」はスマホやパソコンを使ってプロコーチのレッスンを受けられるサービス。撮影した自分の動画を送信すると、コーチがそれをチェックし赤ペンチェックやその人にあったトレーニング方法などのアドバイスを動画で返してくれるというものです。

メニューには色々なスポーツが用意されそれぞれ一流のコーチがレッスンを担当していますが、マラソンのコーチをしてくれるのはあの「金さん」こと金哲彦コーチ。

金さんに直接自分のフォームチェックをしてもらえる機会はなかなかないですが、オンラインでフォームを見てもらいアドバイスをもらえるというのは、ぼくにとってはかなり魅力的なサービスです。

こちらはPV。

レッスンの流れは

  • STEP1:撮影する動画についての説明が送られてくるのでチェックする。
  • STEP2:指定された通りランニングフォームの動画を撮影して送信する
  • STEP3:送った動画を金コーチがチェックし、フィードバックが送られてくる。

という形です。

送られてくるフィードバックの内容に応じて3つのコースが用意されていて、それぞれ価格が異なります。

  • 完全オリジナル 練習メニューbest3
    • その人に最も必要なストレッチやドリル、メニューが送られてくる。(動きに対する直接の指導はなし)
    • 価格:3,000円(税別)
  • 1回限定!ランニングフォームチェック
    • 動画の動きにコーチが直接、現在の動きの状態、注意すべきポイント、意識するところ等を「声とペンで指摘」してくれる。
    • 価格:6,000円(税別)
  • 完全マンツーマンRun&Training
    • 動画に直接改善ポイントや状況を分かりやすく声やペンを使って説明。
      さらに今の自分に最も必要な3つのストレッチやドリル、メニューを送られる。
      指摘事項に関して、分からない事はチャットで質問もOK!!
    • 価格:10,000円(税別)

自分のフォームに対する具体的な指摘が欲しいので、やるなら少なくとも 6,000 円のコースで行きたいところですね。

これはほんとに画期的ですばらしいサービスだと思います。

TRIGGERPOINT GRID フォームローラー

The GRID Foam Roller グリッドフォームローラーオレンジ【並行輸入品】

ランニング後のセルフケアをいかにしっかりやるかは、怪我の防止やパフォーマンス向上にとても重要です。
ぼくはもともと体が固く筋肉も緊張しやすい体質なので、運動後のストレッチを怠るとすぐに走りに影響が出てしまいます。

最近、筋膜リリースという言葉をよく耳にするようになりましたが、GRIDフォームローラーは筋膜リリースを自分で行えることができるセルフケアグッズです。

使い方は、体の凝り固まった部位にこのローラーを押し当ててコロコロ転がす。
表面の凸凹がセラピストの手技のような感覚を再現し、筋膜リリースに効果があるということです。

こんな感じで。
grid-formroller-2

公式サイトにはスポーツ別・部位別の使用方法が紹介されていて、ランナーのケアのための使い方も詳しく載っています。

ぼくは今ストレッチポールを使って同じようなことをしていますが、GRIDフォームローラーは表面のでこぼこがある分より気持ちよく筋肉をほぐしてくれそうな気がします。あとサイズがコンパクトなので、場所を取らずに行えるのもいいですね。

タイガーテイル マッスルローリングバー

セルフボディケア・ジャパン正規販売品/タイガーテール/TigerTail トリガーポイント&筋筋膜リリース・マッサージローラー

もうひとつセルフケアグッズ。マッスルローリングバーです。

こちらもGRIDフォームローラーと同様、セルフで筋膜リリースができるマッサージ器具です。何でもアメリカのNFL、MLB、NBA、NHL等のプロスポーツの選手やトレーナーに使用されているものだとか。

使い方はほぼ見たまま。オレンジの部分を握って、ローラーになっている黒い部分でふくらはぎや太ももなどの上を転がして筋肉をほぐします。

使用例の動画がありました。

細かいところに思うように当てられる分、GRIDフォームローラーよりもこちらの方が使い勝手がいいかなという気がしています。

携帯用ミニモデル(30cm)、スタンダードモデル(46cm)、ロングモデル(56cm)の3種類があります。


というわけで、ガジェット物欲ランナーの欲しいものリスト、いかがだったでしょうか。

これらを全て購入することはないと思いますが、実際に購入したものがあった場合は別途レビュー記事を書きたいと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!