第2回さいたま国際マラソンの大会内容が発表されました

昨年、第1回大会が開催されたさいたま国際マラソン。

個人的にとても気になっていた大会なのですが、第2回大会の内容が発表になりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

第2回さいたま国際マラソンの内容


saitama-marathon-2ndhttp://saitama-international-marathon.jp/

大会ホームページhttp://saitama-international-marathon.jp/

大会名称は「第2回さいたま国際マラソン兼 第16回 世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)代表選手選考競技会」。
市民マラソンと女子の世界陸上選考レースを兼ねた大会になります。

概要は以下の通り。

  • 開催日:2016年11月13日(日)
  • 開催地:埼玉県さいたま市
  • 定員:16000人(フルマラソンの部)[さいたま市民枠 3000人、埼玉県民枠500人]
  • 参加費:15,000円
  • 制限時間:6時間
  • 募集期間:一般枠 5/23(月) 〜、さいたま市民枠 5/16(月)〜、埼玉県民枠 5/18(水)〜

前回と同じく、さいたまスーパーアリーナを発着とするコースですが、ルートが若干変更になっている様です。

第1回コース
map

第2回コース
saitama-arathon-2nd-map

フルマラソンは、代表チャレンジャーの部一般フルマラソンの部 の2つに別れます。

代表チャレンジャーの部は国際大会の選考レースとなり、フルマラソン3時間05分以内(代表チャレンジャーの部A)、もしくはフルマラソン3時間30分以内(代表チャレンジャーの部B)の女性が対象です。

一般フルマラソンの部は男女市民ランナーが参加できる部門になります。

前回から大きく変わった点

フルマラソンの定員が5000人から16000人へ

定員は第1回の5000人から、16000人へと大幅に増加しました。

16000人となると、千葉アクアラインマラソン、京都マラソン、北海道マラソンなどと同等の規模になり、参加者数でいうと全国のレースで上位20位くらいにはいる規模になります。

前回は都市型レースとしては少し小さめのレースという位置づけでしたが、今回からは大規模レースの仲間入りという感じです。

制限時間が4時間から6時間へ

もう一つの大きな変更点は、一般の部の制限時間が4時間から6時間に延長された点です。
個人的にはこちらの変更の方が大きいと思っています。

第1回では、一般の部は「一般(サブ4)の部」という名称になっていて、その名の通り完走するためにはサブ4のタイムが求められる厳し目の大会になっていました。

ぼく個人としては、「少しガチだけど、でも自分にもチャレンジできるレベル」というところに注目していて、第2回も同じコンセプトなら是非参加したいと思っていただけに、この変更はかなり残念でした。

第1回の終了後、さいたま市長が完走率の低さを課題として挙げ、次回は制限時間を緩めることを検討しているということを言われていたので、それを受けてのことだと思いますが、別に完走率が低い事自体は悪いことではないと思うんですよね。それよりも「本気でサブ4を目指すランナーのためのチャレンジングな大会」というコンセプトで押すことで、他の大会にはない魅力が出せたんじゃないかと思っています。

まあそうは言っても、イベントとしての成否を考えればより多くの人に興味を持ってもらえる方がいいですし、定員の大幅増も制限時間の緩和があってこそだと思うので、今後大会を継続していくためには仕方がないことなのかなというのは理解できますが。。。

そうは言っても

ということで多少個人的な思いはありますが、首都圏で開催されるフルマラソンの大会として、新しい選択肢ができるということは喜ばしいことだと思います。

制限時間が6時間であれば、サブ5を狙うランナーや完走を目指す初マラソンのランナーまで参加できる大会になると思うので、是非参加を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!