東京マラソン2015のざっくりふり返りというかレビュー ~ その3

東京マラソンざっくりレビュー、その3です。
なかなか時間が取れず小出しになってしまいますが、少しずつ書き進めていきます。

前回の記事はこちら
東京マラソン2015のざっくりふり返りというかレビュー ~ その2

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レース後半戦

銀座、これぞ東京マラソン!

東京マラソンの雰囲気に乗せられてか、今までにないくらい順調に中間地点を通過しました。
ペースは予定よりも少し(かなり?)速めでしたが、体はまだまだ元気。
少し前から傷めていた足首が若干痛み始めていましたが、まだ走るのに支障があるレベルではありません。

そしてついにやってきました。東京マラソン最大の見所、銀座です。
もちろん今回最も楽しみにしていたポイントの一つ。

ここはもう何というか、ほんとに言葉にならない気持ちがこみ上げてきました。
これまで見たことのないランナーであふれる銀座の姿と、ひときわ大きな声援。
「あー、東京マラソン走ってるんだなー」と改めて感じながら、このあと数年味わえないかも知れないであろう銀座ランを満喫しました。

しかし写真を撮れなかったのが悔やまれるなー

浅草まではちょっとクールダウン

銀座を抜けると、次は浅草へ向かうパートに入ります。
ここまでのコースは土地勘がある道でポイント間の距離感も何となくつかめていたのですが、この辺りの道は普段あまり通ることがないので、これから浅草まで行くと考えるとずいぶん先が長い気がしていました。

このエリアで目に留まったのが、マクドナルドの店舗前に立って応援をしてくれていたマクドナルドの従業員の皆さんです。
気づいた後はずっと気にして見ていたのですが、多分コース上にある店舗では全て応援スタッフがいたと思います。
普通にシフトに入っている従業員が店を空けて応援に出てくるはずはないですから、東京マラソンの応援要員としてバイトや社員の方々出てきていたんでしょうね。ひょっとしたらボランティア出勤だったかも!?

最近色々あってぼく自身もマクドナルド離れが進んでいましたが、久しぶりにマック行くかっていう気になりました。

そんなことを考えていると、浅草は意外と早くやって来ました。普段生活していてもたまに思うんですが、東京の山手線エリアって思ったより狭いんですよね。
雷門に突き当たり、右に曲がると上の方が霞みがかったスカイツリーが飛び込んで来ました。
予想外の登場だったこともあり、実は今回一番印象に残っている風景はこのスカイツリーだったりします。

そういえば、人形焼のエイドがあると聞いていて絶対食べようと思っていたのに、見つけることが出来ませんでした。
どこにあったんだろう…

  • 20Km~25Km ラップタイム:27’08 (5’25/Km)

試練の復路区間

浅草の折り返しは約28Km地点。
この辺りから持病の左の股関節が痛み出します。
そのせいか、浅草から銀座に戻るまでの区間のことは…正直あまり覚えていません。

ただ、辛くて必死だったというよりは、すごく集中して走っていた気がします。
脚が痛いながらもペースはキープできていたし、自分の体の様子を見ながらいかに余計な力を使わずに走り続けるかを考えながら坦々と走っていた感じです。

そんなこんなで、この区間あまり書くことがありません…

  • 25Km~30Km ラップタイム:27’08 (5’25/Km)

最大の難関を超えて

再び銀座を抜け進路を東に変えると、いよいよ東京マラソン最大の難関と言われている佃大橋です。

35Kmを過ぎて佃大橋を自分がどんな状態で迎えるのかと、不安と少し楽しみにもしていたのですが

「え?佃大橋?さっきのあのスロープのことですか?」

って感じでした(笑)

もともと上り坂大好きなドMランナーなことと、まだスタミナ的にはかなり余裕があったこともあり、あまり苦もなく一気に駆け上がりました。

ちょうど上りきった辺りで、ここまで少し距離を開けていた4時間のペースランナー集団に追いつきます。
佃大橋を超えて余力があったらペースアップすると決めていたので、「ここからはオレのターンだぜ!」と脳内で叫びながら4時間集団を抜き去りました。

ここでも、ペースランナーの「行く人はじわじわ上げて行って!じわじわだよ!」というありがたいお言葉をもらうことが出来ました。これを聞いて、一気にペースをあげず徐々にスピートを上げていくことができました。

  • 30Km~35Km ラップタイム:26:47 (5’21/Km)

予定通りのラストスパート

佃大橋を超えると、周りの風景が湾岸エリア独特の雰囲気になってきました。
いよいよゴールが近いことを感じます。

35Km通過時点のタイムは3:11’39。
走れなくなるくらいのトラブルがない限り、目標のサブ4はほぼ達成できるだろうと確信しました。
あとはどこまでタイムを縮めれられるか。ひょっとすると3:50切りもいけるかもという状況です。

しかし、ここまで来るとさすがに体の方もいろいろと問題が出てきます。
左の股関節の痛みは徐々に増し、それをそれをかばって来たせいで右足も固まり始めて来ました。
ただ、体力的には余裕があり、脚も死んでない。

残り5Kmなら気力で走りきれると信じ、もう一段ペースを上げます。

  • 35Km~40Km ラップタイム:25’57 (5’11/Km)

ついにゴール!

40Km以降はもうとにかくがむしゃらに走りました。
ここへ来てペースを上げているので周りの大半のランナーよりペースは速く、ごぼう抜き状態。
前半抜かれて後半抜き返す。理想的なレース展開です。

コース解説などではあまりクローズアップされませんが、実は41Km辺りに佃大橋と同じくらいの上りがあります。
さすがにここは脚に堪えましたが、もう後のことを考える必要はないので根性で駆け上がります。
上り坂でヘロヘロのランナーを抜いていく快感はもうたまりません(笑)

「Last 195m」のゲートをくぐったらそのまま一気にゴールへ。
写真写りを考慮して、しっかり両手を挙げてフィニッシュラインを駆け抜けました!

手元の時計でタイムは 3:48’25。
3時間50分を切って、初めてのサブ4達成です!

  • 40Km~42.195Km ラップタイム:10’49 (4’55/Km)

その4へつづく

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!

コメント

  1. かたえもん より:

    初めまして!
    同じ日に東京マラソンを走っていた者です(^^)

    人形焼きの公設エイドステーションはありませんでしたけど、
    おばちゃんが「人形焼き~~!!」と叫びながら手渡していたのは見ました。
    私はヘロヘロで「そんなもん食えるか(><)」って感じでスルーしましたけど、
    また走れる機会があれば食べてみたいですw

    • しろくま より:

      かたえもんさん
      コメントありがとうございます。
      2015年の東京マラソン走られたんですね。
      東京マラソンは第1回から応募し続けていますが、当選したのは後にも先にもこの1回だけです。
      今思えば人形焼食べておきたかったですね。