サブ3.5を目指して走ったつくばマラソン2016レースレポ

2016/11/20、北海道マラソンに続く今シーズン2戦目のつくばマラソンに出場して来ました。

北海道マラソンは記録を狙うレースではなかったので、このつくばが実質シーズンスタートの様なものですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レースプラン

これ以降のレースでは、明確に今シーズンの目標であるサブ3.5を狙って行きます。
目標タイムは3時間30分を1秒でも切ること。

設定ラップはそれ程厳密には決めませんが、スタートから10キロまでは5:05〜5:10/km程度のペースで入り、そこからキロ5ジャストをキープ。
20キロ以降からは様子を見ながらすこしずつペースを上げて、最終的に序盤の借金を返す、というややネガティブスプリットの展開を想定します。

もちろんかんたんには行かないと思いますが、つくばまでは 30キロ走を2回、キロ4:45の20キロ走、キロ5:00〜4:30の15キロビルドアップと、自分的にはいい練習ができているので、あとは本番ブーストを信じて突っ込むのみです。

レース前

前日は子供の寝かしつけと一緒に夜9時に就寝。流石にすぐには寝付けず1時間くらいは起きていたと思いましたが、その後はそこそこちゃんと眠れたようです。

当日は朝4時に起床。目覚ましと同時にバッチリ目が冷めました。

すぐに朝食を摂ってしまうとスタート時間まで間が空きすぎてしまうので、まずはオレンジジュースを飲んで便意が来るのを期待しながら30分ほどストレッチ。
食べずに出すのはどうやら難しそうなので、4:40くらいから食事を食べ始めました。

朝食はいつもとほぼ同じメニュー。

dsc_0895

  • ご飯
  • 味噌汁
  • 納豆
  • 梅干し
  • カステラ

今回はスタート時間まで余裕があるので、ご飯は茶碗半分だけおかわりしました。

その後支度を済ませ、出発時間までお腹の便通マッサージをして待ちましたが、少し前から便秘気味なのもあってか便意は来ず。
諦めて5:30ごろ家を出発。

家から会場までの移動は前回と同じ、東京駅からの直行バスを利用しました。

バスのりばへは、バスの運行開始時刻の6:00ちょうどに到着。

dsc_0898

dsc_0899

乗車して程なくバスは発車しました。

都内を抜けるまで多少首都高が渋滞していましたが、そこを抜けるとあとはいたって順調。音楽を聴きながらウトウトして目が覚めたらもう常磐道を降りるところでした。

常磐道の桜土浦ICを降りたのがだいたい7:10ごろ。
会場には予定通りの7:30に到着しました。

東京駅からの直行バスは、確実に座れるし、会場前まで運んでくれるので本当にストレスフリー。
TX利用よりも少し値が張るのでどちらにしようか悩みましたが、来年以降もやっぱりバスだなと思いました。

スタートまで

会場についたら何はともあれまずは設営。
いつものようにメイン会場の芝生エリアにレジャーシートを敷いて陣地を確保します。

dsc_0903

目の前にいた数人にグループはテントを張っていました。
テント、快適でいいだろうなと思いますが、さすがに一人でテントはやり過ぎですよね。

Tシャツや靴下をレースのものに着替えて、上着を脱ぐだけでスタートできる状態にしたら、一旦トイレへ。

まだ時間が早く、スタート地点から少し離れた場所にあるトイレだったのでほとんど並ばずに入ることができました。
そしてここで無事にミッションコンプリート!
これで一安心です。

この時点で8時過ぎ。
スタートまでまだ時間があるので、荷物のところへ戻る前に軽くアップがてらスタート地点を見に行ってみることにしました。

スタートの待機場所にはまだ並んでいる人は少なく、多くの人がアップをしていました。

dsc_0909

今回のスタートブロックはD。第2ウェーブになります。

dsc_0910

スタート地点に到着。もうすぐここから長い旅が始まるんですね。

dsc_0911

荷物置き場に戻り、レジャーシートに腰掛けてゆっくりストレッチ。

8:30を過ぎ、そろそろスタート地点に行こうかと思ったところで再び尿意が。
慌ててもう一度トイレへ行って用を済ませ、8:40ごろにスタート地点に着きました。

スタートまでは20分程。さすがに緊張が高まって来ます。
やりわすれたストレッチをやったり、靴ひもを何度も結び直したり。

そうこうしているうちに、何とまた尿意が!
またこのパターンかよ…

まず 9:00 ちょうどに第1ウェーブがスタート。

そして 9:06、いよいよ第2ウェーブの号砲が鳴りスタートの時をむかえました。

 レース内容

〜 15Km : 滑り出しは順調だったが…

つくばマラソンは、ウェーブスタートが導入されてからは初めての出場。

どの程度混雑が緩和されているのかなと思っていましたが、スタート直後はそれなりに渋滞し思うようには走れませんでした。
最初の1Kmは5:21/Km。

しかし、1Km過ぎから早くも人がバラけ始め、自分のペースで走れる状態になりました。ウェーブスタートの効果は抜群です。
次の1Kmは5:06/Km。

ここからは「脚を温存しながらキロ5ちょい(5:10/Km以内)をキープ」をターゲットに巡航を開始。

この日は脚がとても軽く、15キロ手前くらいまでほとんど疲労や痛みを感じることなく余裕を持って走ることができました。

そして、そろそろキロ5ジャストでペースを安定させようかと思った矢先、右脚に異変が発生しました。

膝の外側と股関節付近にチクっと刺すような痛みが。
最初はちょっとひっかかりがあるかな、という程度だったのが次第にはっきりした痛みに変わって来ます。

この痛みは何度も経験しているのでもう分かりました。間違いなく腸脛靭帯炎が発症する前兆です。
この時点で、辛いレースになることを覚悟しました。

ラップタイム
  • 〜 5Km : 25:32 (5:06/Km)
  • 〜10Km : 25:11 (5:02/Km)
  • 〜15Km : 25:10 (5:02/Km)

〜 25Km : 何とかペースを維持しようと耐える

膝の痛みは距離を進むごとに強くなり、時折強い痛みが走って膝の力が抜ける様な状態になって来ます。

ふと腰が落ちているのに気づき、姿勢を正して腰を高い位置に持ってくる様に意識したところ、しばらく痛みを軽減することができました。
この走り方なら持ちこたえてくれるかと一瞬は期待したのですが、数キロも走るとその状態でも再び痛みが出始めました。

この手の痛みは、悪化することはあっても改善することはほぼないですね。。。

徐々に絶望感が漂ってきた19Km辺りで、人の並んでいないトイレがあったので休憩がてら用を足しました。
これで多少の間は痛みが引いてくれるのではないかと思ったのですが、再開後もほとんど状態は変わらず。

20Kmくらいまでは何とか踏ん張って5:10/Km程度をキープしていましたが、痛みは徐々に膝から前腿、お尻へと伝搬し、足全体が痺れてほとんど力が入らない状態に変わって行きました。典型的な腸脛靭帯炎の症状です。

こうなるともうペースは落ちる一方。25Kmを通過するころには 5:30/Km くらいまでペースが落ちていました。
それに加えて、右脚をかばって走り続けたせいで左足にも強い張りが出始め、もはや満身創痍と言える状態です。

ラップタイム
  • 〜 20Km : 26:44 (5:21/Km)
  • 〜 25Km : 27:19 (5:26/Km)

〜 Finish : 執念のサブ4へ

25Kmを過ぎると、キロ6分をキープすることも難しくなります。
途中の段階で足は十分痛かったので、これ以上ペースは落ちないのではないかと思っていたのですが、落ちる方向にはいくらでも行くもんですね。

既に心は折れ、もうやめようかという考えが繰り返し頭を過るようになったあたりで、ふと時計をみて回らない頭で残り時間を計算すると、あることに気づきました。

「あれ?このままキロ6分で行っても4時間は切れるぞ?」

そう。前半をキロ5分に近いペースで走っていたため、サブ4に対してはもともとかなりの貯金があったのです。
サブ4ペースをキロ5:40とすると、1Kmあたり30秒近い貯金を積み重ねてきたんですね。

ここで一旦死んだ心にもう一度気持ちにスイッチが入りました。

ここまで準備をして臨んだレース。やっぱりフィニッシュはしたい!せめてサブ4は達成したい!

気持ちとはうらはらにペースを上げることは全くできず、それどころか少し気を抜くと 6:20 近くまでペースが落ちてしまいます。
ときおり立ち止まってストレッチを入れないと走り続けられないような状態でしたが、何とかキロ6から大きく離れない様に気力を振り絞って足を進めました。

4時間への貯金はじわじわと減っていき、貯金が尽きるのが先かゴールに辿り着くのが先かという状況でしたが、そのまま何とか大崩れはせずにフィニッシュ!

執念のサブ4確保です!

ラップタイム
  • 〜 30Km : 30:45 (6:09/Km)
  • 〜 35Km : 31:56 (6:24/Km)
  • 〜 40Km : 30:58 (6:12/Km)
  • 〜 Finish : 12:44 (5:48/Km)
トータルタイム
  • 3:56:19(ネットタイム)

レース後

フィニッシュ後は足を引きずりながらも何とか歩くことはできる状態だったので、ドリンクやお菓子、完走賞をもらいながら足早に荷物をおいてあるメイン会場へ移動しました。

急いでいた理由は帰りのバス。
前回参加した時は、帰りのバスが都内で渋滞にはまってしまい、往路よりも1時間以上時間がかかってしまったのです。

その時はフィニッシュ後に会場の屋台で食事をしながら知人と反省会をして出発が少し遅れたのですが、今回は単独参加なので早めにバスに乗って渋滞を回避しようという作戦です。

もくろみ通り帰路も渋滞はほとんどなし。
13:45 くらいに会場を出て、15:20 には東京駅に到着することができました。

会場の屋台にあったラーメンやもつ煮も魅力的だったんですけどね。。。

参加賞

今回のつくばマラソン、参加賞は「大会オリジナルタオル」と「地元名産品」の2種類からいずれかをエントリー時に選択する形でした。

Tシャツやタオルはもう増える一方なので、ぼくは地元名産品を選択しました。

地元名産品はフィニッシュ後の受け取り(タオルは事前送付)だったのですが、もらったのがこちら。

dsc_0913

要は、中身がブルーベリー味の白い恋人ですね。
とてもおいしかったです。

地元名産品はこのお菓子の他に、何かのパイ(味は忘れました)と抹茶味のおまんじゅうがあり、3種類のうちから1つをその場で選んでもらうことができましたよ。

というわけで、目標の3.5達成はならず。
なかなか厳しいシーズンスタートとなりましたが、今シーズンはあとフルを2レース予定しているので、次のレースに向けて頑張ろうと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事をシェア!

このブログをフォロー!