【実走レビュー】大人気のナイキ エピックリアクトを履いて走ってみた感想

ズームフライやヴェイパーフライ4%の大ヒットで一気に厚底シューズのトレンドを作ったナイキ。

そのナイキから新しいコンセプトの厚底シューズ「エピックリアクト フライニット」が発売されました。

画像:https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/innovation/react

このシューズのコンセプトは「ふわ・かる・びよーん」。

ナイキリアクトという新素材をソールに使用することによって、クッション・軽さ・反発性・耐久性という、本来相反する性質を全て実現した革新的シューズとのこと。

発売前からこのシューズに注目していて、発売直後にお店で試着してみたらあまりの感触の良さに即買いしてしまいましたので、早速ファーストインプレッションをレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

試着しに行ったらそのまま購入

エピックリアクトの発売は2/22の木曜でした。

オンラインショップでどんどん在庫がなくなって行くのを見て焦る気持ちを抑えつつ、翌日の金曜に店舗に電話で在庫があるのを確認してから夜にNike Harajukuへ突撃しました。

1Fがレディスのフロアなのに気付かず、棚にあったエピックリアクトを手にとって「こ、これの25.5cmありますか!」と店員さんに声をかけると、丁重に2Fのメンズフロアへご案内(笑)。

気を取り直して2Fで在庫を確認すると、限定色のオールブラック以外はサイズがあるとのことで、早速試着させてもらいました。

手にとってまずその軽さにびっくり。単純に重量で言えばもっと軽いシューズはありますが厚底な見た目から想像できない軽さです。

足入れするとすぐにフワフワとした独特のクッション感が感じられました。今まで履いたどのシューズとも違う感触。

店内でガッツリ走ることはできないのでとりあえずその場でジャンプしてみたところ、反発もしっかりありそう。

この日はとりあえず試着だけでもと考えていたんですが、もう足を入れただけですっかり気に入ってしまって、迷わず購入してしまいました。

シューズの外観をチェック

買ったのはこちら!

欲しかったブラック/ブラックが完売だったので、こちらもNike.com限定色のホワイト/ホワイトを買いました。(ブラックは発売日昼の時点でほとんどサイズがなくなっていました。)

このシューズの特徴である独特のソール。軽く指で押すだけでへっこむ様なフカフカの素材です。

ソール裏面はこんな感じ。ミッドソールとアウトソールの境目がなく一体化したフォームです。つま先とかかと部分には少し違う素材のパーツが配置されています。

シュータンとアッパーが一体化した構造。ぱっと見履き口は狭いですが、履く時は周りがぐいっと伸びて足がスポッと収まります。

かかと部分に指を引っ掛けるループが付いていて足を入れる時に便利です。

ヒールカウンターはプラスチックっぽい硬い素材でかなりしっかりしてます。ソールが足のかかと部分よりも後ろにはみ出している形状が特徴的です。

重量は25.5cmで片足203gでした。

これだけクッションのある靴としては驚異的な軽さです。

実際に履いて走ってみた

翌日の土曜日、早速エピックリアクトを履いて走ってみました。

新しいシューズをおろす時は短い距離から様子をみるのが定石ですが、このシューズに関しては長い距離走っても大丈夫だという安心感があったので、いきなり20キロ走をやってみることにしました。

レイボーブリッジを渡ってお台場近辺を適当に走って戻るお気に入りのルートです。

試着のときはクッションに気を取られて気づかなかったんですが、改めて足入れしてみるとフィット感のよさに気が付きました。

フライニットのアッパーのシューズを履くのは初めて(というかナイキのシューズが初めて)なんですが、アッパーがピタっと足に吸い付く感じがとても心地いい。

普段アシックスやアディダスのシューズで25.5cmを履いていると、足幅はちょうど良くても前足部に余裕がありすぎる感じなんですが、このシューズは25.5.cmでジャストフィットでした。(これはエピックリアクトというよりは、フライニットアッパーの特性なのかな?)

ニット素材でありながら、硬めのヒールカップのおかげでかかとはしっかりホールドされて安定感もあります。

ジョグペースで走り初めると、フカフカとした柔らかい独特の着地感がとても気持ちいいです。そしてやっぱり軽い!これだけクッションがあるのに足元が軽いというのは、今まで他のシューズでは体験したことのない不思議な感覚です。

体が温まって来たのでキロ5分くらいまでペースを上げてみました。柔らかい着地感は変わらないまま、しっかり体重を乗せた分だけグイッと押し返される感じが得られます。

ぼくは普段から割とピッチ走法なんですが、あえてストライドを大きくして少しだけフォアフット気味にしてみたところ、ポンポンと足が弾んで気持ちよくスピードを上がっていきました。これもこのシューズ独特の感覚です。

そんな感じで気持ちよく20キロ走を終了。ソールのクッションのおかげで、足裏に残る疲労がいつもよりも大分少ない様に思いました。

レビューまとめ

一言でいうと「気持ちよく走れる万能シューズ」って感じです。

クッション性の高いシューズということで、ジョグやロング走用途がメインになるかなと期待して買ったんですが、スピードを上げたときの反発と安心感が予想以上でした。

サブ3レベルになると厳しいかもしれないですが、サブ4やサブ3.5レベルであればレースで履いても十分使えるシューズなのではないかと思います。

一方で軽くてクッションが効いているというのは初心者にも大きなメリットでしょう。

同じ厚底でもズームフライはある程度の走力がないとシューズの特性を活かしきれないのではないかと思いますが、このエピックリアクトは初心者から中上級者まで気持ちよく走らせてくれる素晴らしいシューズだと思いました。

商品リンク

【NIKE公式】ナイキ メンズ ナイキ リアクト ランニング. Nike.com【公式通販】

【NIKE公式】ナイキ レディース ナイキ リアクト ランニング. Nike.com【公式通販】