On クラウドフローを購入。クラウドと比較しつつレビューします。

練習用シューズとして愛用して来た On クラウド。(うす汚くてすみません。。)

ぼくにとって初めての On のシューズでしたが、その圧倒的な軽さと快適な履き心地であっという間に On のファンになってしまいました。

クラウドについてはこちらでレビューをしています。

そんなお気に入りのクラウドくんも結構ヘタって来てこんな感じ。

クラウドテックもだいぶ潰れしまってます。これだともう本来の「クラウド感」は得られなくなっちゃってるんじゃないかと。

ということで、このクラウドと入れ替えるシューズの検討を開始。

ターゲットは「基本ジョグ用だけどそこそこスピードを上げても快適なシューズ」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

選んだのはクラウドフロー

クラウドはとても気に入っていたので、次もクラウドを継続という選択肢は当然ありでした。on のシューズはカラバリが豊富なので次はどのカラーにしようか、という楽しみもあります。

ただ、この快適なクラウドにもちょっとだけ不満を感じている部分がありました。それはスピードを上げたときの頼りなさ。

普段のジョグやLSD、ロング走など、気持ちよく楽に走れるという点ではクラウドは素晴らしいシューズなんですが、キロ5分よりも速いペースになるとどうも着地時の不安定さが気になってしまうのです。かかとのフィット感が甘くて力が逃げてしまう感じもありました。(これはサイズ選択の問題もあるかも知れませんが)

それなら次はクラウドよりもパフォーマンス寄りのシューズにしてみよう、ということでonのモデルラインナップを復習。

候補になるのは、

  • クラウドサーファー
  • クラウドフロー
  • クラウドレーサー

辺りですね。クラウドレーサーはジョグメインで使うことを考えるとちょっとレーシー過ぎるので、残るはサーファーかフロー。

そして、Onの駒田博紀さんのブログに書かれていたこの一言で心が決まりました。

クラウドに近いレベルの軽量性、クラウドサーファーに近いレベルの反発力とホールド感をあわせもったことになる。クラウドとクラウドサーファーのいいとこ取りのようなイメージだ。

いいとこ取り。まさに今回ぼくが求めているものにバッチリはまってます。ということでクラウドの後継はクラウドフローに決定です。

クラウドフローが到着

で、早速購入しました。

色は後から追加されたカラーのペトロール/ネオン。かっこいい〜。やっぱりonのシューズはカラーリングがおしゃれです。

左右で「on」になるこの遊び心のあるデザインは変わらず。

サイズは2サイズを履き比べてみて、今まではいていたクラウドと同じ25.0cmを選択しました。

せっかくなのでクラウドとの比較もしてみたいと思います。

重さ

クラウドフローが 217g、クラウドが 188gで、約30gの差があります。217gでもジョグ用シューズとしては十分軽いんですけど、いかんせんクラウドが軽すぎます。

シューズ形状

クラウドがだいぶクタっとしてしまっているので余計にそう見えますが、クラウドフローの方が大分幅がスリムです。クラウドからクラウドフローに買い換える場合ここは注意ポイントです。

逆につま先までの長さはクラウドフローのほうが若干長い様に見えました。写真ではちょっと分かりづらいです。

ヒールカップもクラウドフローの方が細くカッチリしています。

アウトソール

クラウドフローの方が、クラウドテックの数が多くなっています。あと、真ん中に走っている溝の形状も違いますね。

横から見ると、クラウドフローの方がクラウドテックの厚みが薄いことが分かります。

インソール

意外なことに、インソールにも大きな違いがありました。

右のクラウドが一枚の素材で成形されているのに対して、左のクラウドフローは中足部から踵にかけての縁の部分で素材が切り替わっていました。詳しくは分からないですがラバーとスポンジの中間の様な触感の素材でした。

裏側もクラウドフローの方が切り替わりがあります。

アッパー

写真では表現しづらいのですが、アッパーの素材にも違いがあります。

クラウドフローでは「エンジニアード・メッシュ」と呼ばれる二重構造で伸縮性の高い素材のアッパーが採用されています。これはクラウドサーファーと同じアッパーです。

これによって「包み込むようなアッパーのフィット感」「高速走行時のサポート感」が得られるとのこと。ここの履き心地についてはまた後程触れます。

実際に走ってみた

実際にクラウドフローを履いて40キロ程走ってみてのインプレです。

まずシューズに足入れしてすぐに感じたのは、アッパーのフィット感の良さ。前に書いた様に、エンジニアードメッシュという伸縮性のある素材のためアッパーが足を包み込むようにフィットしてくれます。これはかなり心地良い。

もう一つはかかとのホールド感。クラウドよりもかなりヒールカップが細く固めにできているので、履いただけでかかとがブレない安心感がありました。

ジョグペース(ぼくにとっては5:30/Km程度)で走ってみると、適度なクッションと反発が感じられてとても軽快に走れる感覚です。クラウドが「フワフワしたクッション感」なのに対して、クラウドフローは何というか「しっかりしたクッション」っていう感じです。しっかりしたクッションって何か矛盾している気がしますけど、これは決してクッションが効いてないという意味ではなく、吸収した着地衝撃が散らずに反力として返ってきているという感じでしょうか。

足入れで感じたフィット感の良さは、走り始めると更に強く実感できました。シューズがしっかり足についてきてくれる安心感があります。

次に少しずつペースを上げて、4:30/Kmくらいまで行ってみました。するとシューズの感覚が変わってきます。

ペースが上がるにつれてシューズからの反発がどんどん強く感じられる様になります。シューズがグイグイ地面を押してくれて脚がどんどん前に進んでいく感じ。その感覚が気持ちよくて更にペースを上げてしまいたくなります。

ペースを上げた時の安定感もいいです。クッションに適度な固さがあるので着地した時のブレが少なくてスッと自然に次の一歩に切り替えられる感じです。

ジョグペースで走っている時とはかなり違う印象なんですが、このスピードを上げた時の快適さがクラウドフローの真価なんだと思いました。


ということで、ここまで履いて走ってみた感想を超ざっくりまとめると

  • ジョグで履いてもしっかりクッションが効いて快適
  • スピードを出すとシューズがグイグイ前に押し出してくれて更に快適

という感じで、ぼくがクラウドに対して物足りなく思っていた点を見事にカバーしているシューズでした。

商品リンク

クラウドフロー(メンズ)

クラウドフロー(ウィメンズ)

クラウド(メンズ)

クラウド(ウィメンズ)